Message代表メッセージ

代表メッセージ

ナースケア代表 菅原由美

有限会社ナースケアー 代表菅原 由美

ナースケアは介護保険のスタートに合わせ、介護保険制度の下に各種介護サービスを提供する会社としてスタートしました。

私は介護保険制度スタート前より地域の方々の為に看護師達が介護のお手伝いをしたいと考え、看護師による日本初のボランティア団体『全国訪問ボランティアナースの会キャンナス』を立ち上げて活動をしていました。その利用者の方々の為にも有償ボランティアではなく介護保険制度にも対応したいと考えました。

在宅介護は24時間365日休むことは出来ません。それは私自身が夫の祖母、父、母、実母を在宅で介護してきたからこそ実感として良くわかります。だからこそ看護や介護は24時間365日必要とされるのが当然であり、介護保険のスタート時からこの思いは変わりません。

またボランティアの勉強を始めた約30年前から医療と福祉は連携が取りづらいと言われており、これでは継続したサービスはできないと考え、訪問看護ステーションとヘルパーステーションを同時に開設し、常に顔のみえる関係性をつくり、お互いを知りお互いを支え、利用者の方ひいては地域の方々の事を真剣に考えることを徹底しました。
スタッフ達の日々の研鑽の結果、現在ではお看取りまでできる経験豊富なスタッフがたくさん在籍しています。

地域の方々のお役に立ちたい。そのためには自社スタッフの質の向上のみならず、市内をはじめ湘南の在宅事業関係の方々にも同じような知識や経験を持って欲しいと考え、平成10年より湘南在宅ケアセミナーを毎年開催し、著名な先生方をお招きして学ぶことを続けてきました。
また地域の先生方が協力して医療福祉ネットワークという会をつくり、既に勉強会を59回も開催しています。

「自分だけ、自分の会社だけよければそれで良し」としたのでは、安心して暮らせる町はつくれません。私は鎌倉で育ちましたがこの町で最期まで自分らしく生きていきたい。
だからキャンナスというボランティア団体をつくり、ナースケアをつくりました。

ナースケアグループは、今までもそしてこれからも地域の皆様と共に『自分が暮らしたい町づくり』をめざしていきます。湘南発の24時間対応する訪問看護ステーションとヘルパーステーションが併設されている医療と福祉の会社のパイオニアとしての責務を果たすべく努力し成長していきたいと思います。

ナースケアグループ 代表 菅原 由美

代表プロフィール

略歴

1955年神奈川県生まれ。76年東海大学医療技術短大看護学科卒。
東海大学病院ICUに1年間勤務。その後、企業や保健・非常勤勤務の傍ら3人の子育て。
1995年 阪神大震災にアジア医師連絡会のメンバーとしてボランティアとして参加。
その後クロアチア、サラエボにも行き活動する。
県の委嘱を受け3人の知的障害児の里親となる。
1996年訪問ボランティアナースの会「キャンナス」を設立。
1999年有限会社「ナースケア」設立。
2009年「ナースオブザイヤー賞」、「インディペンデント賞」受賞。「キャンナス」を鳩山総理が視察。
2011年3月~ 東日本大震災において災害ボランティアキャンナスとして被災地において活動中。

現在の役職

有限会社ナースケアー取締役
開業看護師を育てる会理事長
日本臨床医療福祉学会評議員
藤沢市介護保険事業所連絡会幹事・管理者部会長
日本神経疾患医療福祉従事者学会会員評議委員
日本在宅医療学会理事
NPO法人全国在宅医療推進協会理事
藤沢市高齢者虐待防止ネットワーク副代表
公益財団法人さわやか福祉財団インストラクター

主な著書
  • 開業看護師を育てる会

トピックス

  • お客様・スタッフの声
  • 採用情報
  • イベント情報
  • メディア掲載情報
  • CANNUS GROUP ナースケアはキャンナスグループです

各事業所からのお知らせ

ナースケア湘南
2015.01.16
今年もよろしくお願いいたします。
ナースケア湘南
2014.10.06
リハーサル
小規模多機能居宅介護「絆」
2014.09.01
2014summer へるぱ!

ナースケアのサービス

ページの先頭に戻る

© 2014 - 2017 NurseCare All right reserved.